著作権法の「引用」とは?弁護士が引用の正しい書き方を教えます

1 引用とは

引用とは、報道、批評、研究その他の目的で、自己の著作物の中に他人の著作物の一部を取り込んで利用することをいいます。引用については、著作権法32条に定めがあります。

第32条1項 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

つまり、許可なく他人の著作物を転載した場合でも、32条1項の要件を満たしていれば著作権法に違反しないのです。たまに「無許可引用禁止」といった言葉を見かけることがありますが、引用の要件を満たしているなら無許可でも法的には何の問題もないですし、それを禁止する権限があるわけでもないので、正しい用法ではありません。引用の要件を満たす=無断転載OKということなのです(厳密にいえば、「転載」も著作権法の用語としての意味を持ちますので、「無断利用OK」のほうが正確です)。

また、著作権法にいう「著作物」(著作権法2条1号)にあたらないものについては、引用の要件を満たさなくても転載して構いません。「著作物」について詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

著作物とは?著作権法の保護を受ける著作物の意味について解説します

2 引用の要件

では、引用の要件はどのようになっているのでしょうか。引用の要件はおおよそ次の4つです。

  1. 公表された著作物であること
  2. 公正な慣行に合致すること
  3. 引用の目的上正当な範囲内で行なわれること
  4. 出所明示(48条1項1号)

ただし、最近の判例で、引用の要件に関して以下の通り述べられています。

知財高裁平成22年10月13日
他人の著作物を引用して利用することが許されるためには,引用して利用する方法や態様が公正な慣行に合致したものであり,かつ,引用の目的との関係で正当な範囲内,すなわち,社会通念に照らして合理的な範囲内のものであることが必要であり,著作権法の上記目的をも念頭に置くと,引用としての利用に当たるか否かの判断においては,他人の著作物を利用する側の利用の目的のほか,その方法や態様,利用される著作物の種類や性質,当該著作物の著作権者に及ぼす影響の有無・程度などが総合考慮されなければならない。

つまり、引用にあたるかどうかの判断について考慮するものとして、以下の要素を挙げているのです。

  • 他人の著作物を利用する側の利用目的・利用方法・利用態様
  • 利用される著作物の種類・性質
  • 著作物の著作権者に及ぼす影響の有無・程度

これらの要素のうち、利用目的・利用方法・利用態様の検討にあたっては、従来から重視されてきた明瞭区別性主従関係という観点が重要となります。

明瞭区別性とは、引用して利用する側の著作物と引用されて利用される側の著作物とを明瞭に区別して認識できることをいいます。たとえば、引用部分を鍵かっこで括って、それが引用部分であることを明確するなどの方法を用いることで明瞭区別性が認められます。

主従関係とは、引用する側の著作物と引用される側の著作物とを比較したときに、前者が主で後者が従という関係があることです。どちらが主でどちらが従なのかについては、引用の目的・引用する側とされる側の量や質などを比較検討して個別具体的に判断することになります。

3 引用の正しい書き方

(1)要件を満たす引用

それでは、要件を満たす引用とはどういった引用でしょうか。次のケースで考えてみましょう。

Xさんは、Yさんの著書の記述のうち、「江戸幕府は1603年に創設された。」という部分を自分の著作物に引用したいと考えました。

既に述べたように、引用の要件についてはそれぞれのケースでの判断が必要となりますので、画一的に「こういう場合」というのを示すことはできませんが、以下の基準を満たすような著作物の利用であればおおよそ引用にあたると思われます

  • 引用部分を自分の著作物の10分の1以下に抑える
  • 引用部分を明確にする
  • しっかりとした目的をもって引用をする
  • 出典を明示する
たとえば、以下のような文章は、引用の要件を満たすといえるでしょう。
江戸幕府は、およそ260年もの長きにわたり国を支配してきました。「江戸幕府は1603年に創設され」(*1)た後、1867年まで存続したのです。それだけの長期間にわたって支配を継続できたのは、徳川家による徹底的かつ厳格な監視・管理があったからです。江戸幕府の創設者である徳川家康は、武家諸法度を作成し、武士の規範を示すことで、国内の規律を強めました。武家諸法度には、反逆者等の追放や居城修理の事前申出制などが定められました。また、参勤交代を定めることで、幕府への忠誠を確保しました。このような家康をはじめとする徳川家の監視・管理体制があったからこその江戸幕府なのです。このような事実は、現代の組織についても応用が可能です。自由な組織はピースがうまくはまれば爆発的な伸びを実現できるでしょう。しかし、自由な組織のままでは長きにわたって存続させることは難しく、存続のためには一定程度の監視・管理を必要とするのです。
*1 Y 「江戸幕府の歴史的考察」5頁 (〇〇社・2017年)
ここで参考としてほしいのは、以下の3点です。
  1. 引用部分が自分の文章の10分の1以下に抑えられていて、自分の文章を補足するだけの役割にとどまっていること
  2. 鍵かっこで括ることによって、引用部分であることを明確にしていること
  3. 鍵かっこ部分の出典を公正な形式で表示していること
他方で、文章の中身は適当に書いていますので参考にしないでくださいね。
さきほどの例では、鍵かっこで括ることによって引用部分を明確にしましたが、主にWEBページなどでは、以下のような明確化の方法もあります。
江戸幕府は1603年に創設された。
HTMLでいえば、BLOCKQUOTEを用いるということですね。

(2)その他の引用の際の注意点

引用する部分は改変せずに抜き出すことが原則です。なぜなら、著作権者は同一性保持権という権利をもっているため、それを侵害しないように配慮が必要となるからです。ただし、他人の著作物をその趣旨に忠実に要約して引用することは認められております(東京地裁平成10年10月30日)。
なお、利用する文章等が著作物でなければ引用の要件を満たす必要なく利用可能であることは既に述べた通りです。