著作権とは?著作権の意味と著作権でできることを解説します

1 著作権とは

(1)著作権とは

著作物に関するさまざまな権利をまとめて著作権と呼んでいます。著作物というのは、思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいいます(著作権法2条)。創作的というのは、自分自身のアイデアや表現方法という意味です。

著作物について著作者に発生する権利としては、大きく分けて、①著作者人格権と②著作権があります。

なお、著作物については以下の記事にまとめてありますので、興味がある方はご参照ください。

著作物とは?著作権法の保護を受ける著作物の意味について解説します

(2)著作権の全体像

著作者の権利の全体像は以下の表の通りです。

著作者の権利著作者人格権公表権
氏名表示権
同一性保持権
名誉名声保持権
著作権複製権
上演権、演奏権
上映権
公衆送信権等
口述権
展示権
頒布権
貸与権
翻訳権、翻案権等
二次的著作物の利用権

上の表の通り、著作者人格権には、①公表権、②氏名表示権、③同一保持権、④名誉名声保持権の4つの権利があります。

また、著作権には、①複製権、②上演権、演奏権、③上映権、④公衆送信権等、⑤口述権、⑥展示権、⑦頒布権、⑧貸与権、⑩翻訳権、翻訳権等、⑪二次的著作物の利用権の11つの権利があります。

では、それぞの権利の意味についてみていくことにしましょう。

2 それぞれの権利の意味

(1)著作者人格権

公表権

公表権とは、著作物を公表するか否か、公表する場合にいつ、どんな方法で公表するかを決める権利です。

氏名表示権

氏名表示権とは、著作物が公表される場合に、著作者の氏名を表示するか否か、表示する場合にどのような名義で表示するか(芸名、本名など)を決める権利です。

同一性保持権

同一性保持権とは、著作物の同一性を保持し、著作者の意に反した改変を受けない権利です。

名誉名声保持権

名誉名声保持権とは、著作者の名誉や声望を害する方法によって作品を利用されない権利です。

(2)著作権

複製権

複製とは、印刷等の方法によって有形的に再製することをいいます。この際、固定される物や固定方法は問われません。簡単にいうと、複製権は、「自分の著作物を勝手にコピーするのはやめろ!」といえる権利です。印刷、写真、複写、録音、録画など、さまざまな方法によるコピーを禁止できるのです。

上演権

上演権とは、著作物を公衆に直接見せまたは聞かせることを目的として、演奏以外の方法により著作物を演じる権利をいいます。簡単にいうと、「自分が創作した脚本や振付などをに公衆に向けて勝手に演じるのはやめろ!」といえる権利です。演劇、落語、漫談、漫才、ダンスなどを演じることを禁止できます。

演奏権

演奏権とは、著作物を公衆に直接見せまたは聞かせることを目的として、音楽を演じる権利をいいます。簡単にいうと、「自分が作曲した音楽を公衆に向けて演奏・歌唱するのはやめろ!」といえる権利です。

上映権

上映権とは、著作物を公に映写幕その他の物に映写する権利をいいます。簡単にいうと、「自分の著作物を公衆に向けてスクリーンなどに映すのはやめろ!」といえる権利です。スクリーンだけでなく、コンピューターのディスプレイ、テレビ受像機、ビル壁面の大型ディスプレイなどに映すことも禁止できます。

公衆送信権

公衆送信権とは、公衆によって直接受信されることを目的として無線通信または有線電気通信の送信をおこなう権利をいいます。簡単にいうと、「自分の著作物をテレビやラジオなどで放送したり、インターネット上にアップロードすることはやめろ!」といえる権利です。

口述権

口述権とは、朗読その他の方法により言語著作物を公に口頭で伝達する権利をいいます。簡単にいうと、「自分の言語著作物を公衆に向けて朗読するな!」といえる権利です。小説・詩・講演などの言語著作物が権利の対象となります。

展示権

展示権とは、原作品により公に展示する権利をいいます。簡単にいうと「自分の作品を公衆に向けて展示するな!」といえる権利です。原作品、すなわちオリジナル作品と版画などのオリジナルコピーが権利の対象となります。

頒布権

頒布権とは、映画の著作物をその複製物により頒布する権利をいいます。簡単にいうと、「自分の著作物である映画のDVDなどのコピーについて、勝手に販売したり、レンタルするな!」といえる権利です。

譲渡権

譲渡権とは、映画以外の著作物の原作品または複製物を譲渡により、公衆に提供する権利をいいます。簡単にいうと、「自分の著作物やそのコピーを勝手に譲渡するな!」といえる権利です。

貸与権

貸与権とは、著作物を複製物の貸与により公衆に提供する権利をいいます。簡単にいうと、「自分の著作物のコピーを勝手にレンタルするな!」といえる権利です。

翻訳権

翻訳権とは、自己の言語の著作物を他人が勝手に他国の言語に変えることを禁止できる権利です。

翻案権

翻案権とは、小説を原作として脚本や映画をつくったり、マンガに登場するキャラクターのぬいぐるみをつくったりすることを禁止できる権利です。

二次的著作物の利用権

二次的著作物の利用権とは、他人の著作物を元として、自分の著作物をつくったときの二次的著作物に対する権利です。

3 著作権が侵害された場合にできること

(1)どういう場合に著作権の侵害となる?

著作権を侵害した場合には、さまざまな責任が発生します。どういった場合に著作権を侵害したことになるのかを以下の表にまとめました。

複製権や翻案権依拠性・類似性の要件を満たす場合に著作権侵害
その他の権利無権原で他人の著作物を利用した場合

おおざっぱにいえば、他人の著作物をまねしてそれに似た作品を勝手につくったり、他人の著作物を勝手に利用したりする場合に著作権の侵害となるのです。

依拠というのは、他人の著作物に接し、それを自己の作品の中に用いることなどといわれます。簡単にいえば、他人の作品をまねたり、参考にしたりすることですね。類似というのは、著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得できるというような意味です。わかりにくければ、重要な部分で似ているという程度に捉えておいてください。他人の著作物をまねて出来上がったものが新しい別個の作品と評価されることがあり得ますので、類似性の要件が要求されているのです。

(2)著作権が侵害された場合にできること

著作権が侵害された場合には、差止請求損害賠償請求をすることができます。また、著作権侵害は犯罪行為(著作権侵害罪)ですので、被害届を提出したり告訴をすることができます。

もう少し詳しく説明します。著作権が侵害された場合には、不法行為が成立し、損害賠償責任が生じることがあります。また、不当利得が成立し、利得返還義務が生じることがあります。さらに、差止請求名誉回復等の措置が認められることがあります。つまり、お金を請求したり、侵害行為をやめろと請求することができたりするのです。

なお、著作権侵害罪は親告罪とされています。すなわち、著作権侵害罪は告訴という手続をとらなければ刑事裁判にはなりませんし、それどころか、実際上は告訴がなければ捜査すら行われません。著作権者の意思を尊重するルールになっているのです。

4 著作権の保護期間

著作権は永遠に保護されるわけではありません。原則として、著作者の死亡後50年間が著作権の保護期間です。

保護期間が切れると、その著作者の著作物を自由に使えるようになります。ただし、著作者が生きていたとすれば著作者人格権の侵害となるような行為については、遺族による請求を受ける場合があります。たとえば、原発に反対する書籍について、原発に賛成するような要約の仕方で紹介することは、著作者人格権のうちの同一性保持権を侵害する行為ですが、このような場合には差止請求をされる可能性があります。

kubota
著作権侵害にお悩みの方は一度弁護士にご相談ください。