任意保険とは?任意保険の種類と内容についてかみ砕いて解説します

1 任意保険とは

任意保険とは、法律によって保険契約の締結義務が課せられていない保険をいいます。これに対して、法律によって保険契約の締結義務が課されている保険を強制保険といい、自賠責保険がこれにあたります。任意保険は、加入が義務付けられている自賠責保険とは別に、保険会社との間で任意に締結するものです。

2 任意保険の種類

(1)おおまかな分類

任意保険にはさまざまな種類があります。おおよそ、以下の表の通りに分類できます。

人に対する補償物に対する補償
相手方に対する賠償に関する補償自賠責保険(強制保険)
対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
自身の保障人身傷害保険
無保険車傷害保険
自損事故傷害保険
搭乗者傷害保険
車両保険

また、任意保険には、各種の特約をつけることができます。

各種特約弁護士費用等補償特約
他車運転危険担保特約
その他の特約

(2)対人賠償責任保険

対人賠償責任保険は、被保険自動車の所有、使用または管理に起因して他人の生命または身体を害することにより、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険・共済等で支払われる保険金を超過した部分について、保険金が支払われるものです。つまり、対人賠償責任保険に入っている人が、対人事故によって他人の損害を賠償しなければならなくなった場合に、自賠責保険などでカバーできない部分について保険金が支払われるという内容の保険です。自賠責保険の保険金の上限は、死亡の場合で3000万円、後遺障害の場合で4000万円なので、それ以上の部分をカバーする保険として重要な保険です。

(3)対物賠償責任保険

対物賠償責任保険は、被保険自動車の所有、使用または管理に起因して他人の財物を滅失、破損または汚損することにより、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金が支払われるものです。つまり、対物賠償責任保険に入っている人が、対物事故によって他人の損害を賠償しなければならなくなった場合に、保険金が支払われるという内容の保険です。

(4)人身傷害補償保険

人身損害補償保険は、自動車の運行に起因する事故あるいは自動車の運行中における飛来中のもしくは落下中の他物との衝突、火災、爆発、または自車の落下によっる急激かつ偶然な外来の事故により被保険者が死傷することを要件として、定められた保険金が保険会社より支払われる内容の保険です。すなわち、乗車中に落石などのイレギュラーなケースに対応する保険なのです。人身損害補償保険は、ほとんどの自動車保険にくっついてきます。

(5)自損事故傷害保険

自損事故傷害保険は、被保険者が下記のいずれかに該当する急激かつ偶然な外来の事故により死傷することを要件として、定められた保険金が保険会社より支払われる内容の保険です。

  • 被保険自動車の運行に起因する事故
  • 被保険自動車の運行中の、飛来中のもしくは落下中の他物との衝突、火災、爆発または被保険自動車の落下。ただし、被保険者が被保険自動車の正規の乗車装置または当該設置のある室内に搭乗中である場合に限る。
  • 被保険者に生じた身体障害に対して自賠法3条に基づく損害賠償請求権が発生しないことおよび人身傷害補償保険が適用されないこと

つまり、いわゆる単独事故のように相手方が存在しない事故で死亡したり傷害を負ったりした場合に最低限度の補償をする保険です。

(6)無保険車傷害保険

無保険車傷害保険は、無保険自動車の所有、使用または管理に起因して生じた偶然の事故により、被保険者の生命が害され、または身体が害されその直接の結果として後遺障害が生じた場合に一定の金額が支払われる内容の保険です。つまり、無保険車傷害保険に入っている人が、死亡したり後遺障害が発生してしまった場合に保険金が支払われるという内容の保険です。

(7)搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、被保険者が次のいずれかに該当する急激かつ偶然な外来の事故により死傷することを要件として、定められた保険金が保険会社より支払われる内容の保険です。

  • 被保険自動車の運行に起因する事故
  • 保険自動車の運行中の、飛来中もしくは落下中の他物との衝突、火災または爆発、被保険自動車の落下

つまり、乗車中に落石などのイレギュラーなケースに対応する保険ですが、人身傷害補償保険とは異なり乗車している人全員が保険によりカバーされます

(8)車両保険

車両保険は、契約自動車が、偶然の事故により損害を被ったときに保険金が支払われる内容の保険です。事故に限らず、盗難・火災・台風などもカバーできる保険です。

(9)弁護士費用特約

被保険者が交通事故によって被った被害について、保険金請求者が損害賠償請求をして弁護士費用等を負担したことによって生じた損害について、一定の限度で保険金が支払われるという内容の特約です。交渉や訴訟を弁護士に依頼した弁護士費用をカバーすることができます

弁護士費用特約については以下の記事もご参照ください。

弁護士費用特約はつけるべき? 結論とその理由を弁護士がわかりやすく解説します

3 任意保険に入るべき?

さて、ここまで任意保険の意味と種類について解説してきましたが、このような任意保険に加入すべきなのでしょうか。ズバリ、結論をいうと、車に乗る人は入るべきです。なぜなら、車に乗る以上は交通事故により相手にケガをさせるリスクが存在するからです。

みなさんの中には、安全運転を心掛けていればそのリスクは少ないとお考えの方もいるかもしれません。しかしながら、たとえば、こちらが法令順守の安全運転をしていたところ、自転車が飛び出してきて衝突し、自転車に乗った人は頭をぶつけて死亡し、高額慰謝料を支払うことになるというケースがあります。車を運転することは、鉄の塊を高スピードで移動させるという点で、凶器で道を走っているのと大差がありません。他人の生命を奪ってしまったり、他人にケガをさせてしまうリスクがつきまといます。

加えて、交通事故の交渉を自分でおこなうことは大変骨が折れる作業です。時間的コストや精神的安定を考えると、任意保険に入って保険会社や弁護士に任せるのが良いといえるでしょう。私は弁護士として交通事故の事件を受けることがありますが、自分が事故の当事者だったら絶対したくない交渉だと感じます。月々の費用はかかりますが、任意保険に入っていない方は、自分のサイフと相談しながら、是非加入を検討してみてくださいね、