Q&A 親族や友人にお金を貸したけど契約書を作っていません。返してもらうことができますか?

友人にお金を貸したけど契約書を作っていません。返してもらうことができますか?
返してもらうことができます。
お金を貸すことは、民法上、お金の貸主との間で消費貸借契約(民法587条)を結んでいることになります。条文を確認しておきましょう。
587条 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。
返還の約束と金銭の受け取りにより「効力を生ずる」とされています。つまり、契約書がなくても消費貸借契約は成立するのです。そのため、法律上、お金を貸した人はそのお金を借りた人からお金を返してもらう権利があります。
では、契約書がなくても契約が成立し、お金を返してもらう権利があるのにわざわざ契約書を作成する意味はどこにあるのでしょうか。
それは、契約書が証拠として重要な価値を持つからです。お金を返してもらう権利があるとはいっても、お金を借りた人が返してくれない場合には、最終的には裁判をするしかありません。裁判の場では、主張と証拠によって裁判官を説得する必要があります。もちろん、お金を貸したのに返してもらっていないといったことを主張していくわけですが、それを基礎づける証拠が必要となるのです。そして、契約書は、契約があることを端的に示すものですので、偽造されたなどの特別な事情がない限りは契約書の内容がそのまま認定されることになります。
また、お金を借りた人がしらばっくれるのを予防する意味合いもあります。たとえば…
X「前に課した50万円を返してよ!」
Y「え?お金借りた覚えなんてないけど?」
X「しらばっくれるなよ。じゃあこの契約書はなんだよ!」
Y「あぁ、ごめん、確かに借りてたから返すよ。待たせて悪かった。」
こんなやりとりが実際におこなわれることもあるかもしれません。ただ、契約書すらもしらばっくれることもありますので、その場合はやはり裁判で争うほかありません。
というわけで、契約書がなくてもお金を返してもらう権利があるのですが、契約書がない場合にはお金を貸したということを証拠によって基礎づけることが難しいケースもあります。親族や友人などの身近な人にお金を貸す場合であっても、しっかりと契約書を作っておくことが重要ですね。