Q&A 固定残業代が支払われている場合に実際に残業した分の残業代請求はできますか?

固定残業代が支払われている場合に実際に残業した分の残業代請求はできますか?
できる場合があります。
固定残業代とは、時間外労働、休日および深夜労働に対する各種割増賃金として支払われる、あらかじめ定められた一定の金額のことをいいます。つまりは、ある程度の残業を見越して一定額の残業代を支払うことを決めてしまって、固定残業代として支払うのです。そうすることで、会社としては、複雑な残業代計算などの手間を避けることができます。
もっとも、固定残業代の額を超えて残業代が発生した場合については、その超えた部分について別途残業代を支払う必要があります。労働者側から言い直せば、この場合は、超えた部分について別途の残業代請求ができます。
ところで、固定残業代には、割増賃金の支払いに代えて一定の手当てを支給する手当型と、基本給の中に割増賃金を組み込んで支給する組み込み型とがあります。いずれにせよ、固定残業代が有効となるためには、以下の要件を満たす必要があります。
  1. 時間外労働や深夜労働の対価の趣旨で支払われていること
  2. 所定内賃金部分と割増賃金部分とを判別することができること
そもそも固定残業代が有効ではなかった場合には、固定残業制を定めている時間分も残業代として請求することができます
固定残業代が支払われている場合で、固定残業制の有効要件を満たしているかが疑わしい場合や、固定残業〇時間と設定されているのにその時間数を超えて残業をさせられている場合には、一度お問い合わせくださいね。