Q&A 不倫をした人の「相手に配偶者がいるとは知らなかった」は裁判で通用しますか?

不倫をした人の「相手に配偶者がいるとは知らなかった」は裁判で通用しますか?
通用します。
不倫をすると不倫相手の配偶者や自分の配偶者から慰謝料請求される可能性があることはみなさんご存じかと思います。では、不倫相手に配偶者がいることを知らずに、単に「彼氏」や「彼女」という認識だったという場合はどうなるのでしょうか。
この場合、不貞行為について故意がないということになります。つまり、不貞行為は不法行為(民法709条)の要件を満たせば慰謝料の請求が可能となるのですが、不法行為の要件としての以下の4つのうち、「故意」という要件が欠けることになってしまうのです。
  1. 故意・過失
  2. 権利・法益侵害
  3. 損害の発生
  4. 因果関係
自分に配偶者がいない人の不貞行為について故意が認められるためには、不貞行為時に不倫相手に配偶者がいることを知っている必要があるのです。
なお、不法行為についてもう少し詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

不法行為とは? 日常生活のトラブルで例えながら解説します

とはいえ、裁判においては証拠が重要となりますので、相手に配偶者がいるとは知らなかった場合であっても、配偶者がいることを知っていると推認させるような証拠がある場合には、故意が認められてしまうことがあります。ただし、そのような証拠があるというケースはそう多くはないでしょう。
逆に、相手に配偶者がいると知っていた場合でも、「相手に配偶者がいるとは知らなかった」としらばっくれることで責任を逃れることができる可能性があります。不貞行為について慰謝料請求をする場合には、請求をする側が主張・立証について責任を負いますので、「相手に配偶者がいることを知っていた」ということを証拠によって証明しなければならないのです。
手持ちの証拠でどのようにして裁判所を説得していくかを考えるのは弁護士の役目です。不倫でお悩みの方は一度お問い合わせくださいね。