他人の著作物を許可なく利用できるのはどんな場合ですか?

他人の著作物を許可なく利用できるのはどんな場合ですか?
以下の場合です。
他人の著作物を許可なく利用できる場合を一覧にしますね。
  • 私的利用のための複製(著作権法30条)
  • 図書館等における複製(著作権法31条)
  • 引用(著作権法32条)
  • 教科用図書等への提携(著作権法33条)
  • 学校教育番組の放送等(著作権法34条)
  • 学校その他の教育機関における複製(著作権法35条)
  • 試験問題としての複製等(著作権法36条)
  • 点字による複製等(著作権法37条)
  • 聴覚障害者のための複製等(著作権法37条の2)
  • 営利を目的としない利用(著作権法38条)
  • 時事問題の関する論説の転載等(著作権法39条)
  • 政治上の演説等の利用(著作権法40条)
  • 時事の事件の報道のための利用(著作権法41条)
  • 裁判手続等における複製(著作権法42条)
  • 情報公開法等による開示のための利用(著作権法42条の2)
  • 国立国会図書館法による複製(著作権法42条の3)
  • 放送事業者等による一時固定(著作権法44条)
  • 美術の著作物等の原作品の所有者による展示(著作権法45条)
  • 公開の美術の著作物等の利用(著作権法46条)
  • 美術の著作物等の展示に伴う複製(著作権法47条)
  • 美術の著作物等の譲渡等の申出に伴う複製等(著作権法47条の2)
  • プログラムの著作物の複製物の所有者による複製等(著作権法47条の3)
  • 保守、修理等のための一時的複製(著作権法47条の4)
  • 送信の障害の防止等のための複製(著作権法47条の5)
  • 検索サービスを実施するための複製等(著作権法47条の6)
  • 情報解析のための複製等(著作権法47条の7)
  • 電子計算機における著作物の利用に伴う複製(著作権法47条の8)
  • 複製権の制限により作成された複製物の譲渡(著作権法47条の9)
  • 官公庁統計資料等の転載(著作権法32条2項)
このうち、我々のような一般人に関係があるのは、以下のルールあたりでしょうか。
  • 私的利用のための複製(著作権法30条)
  • 図書館等における複製(著作権法31条)
  • 引用(著作権法32条)
  • 営利を目的としない利用(著作権法38条)
  • 時事問題の関する論説の転載等(著作権法39条)
  • 政治上の演説等の利用(著作権法40条)
  • 時事の事件の報道のための利用(著作権法41条)
  • 裁判手続等における複製(著作権法42条)
  • 情報公開法等による開示のための利用(著作権法42条の2)
  • 国立国会図書館法による複製(著作権法42条の3)
  • 放送事業者等による一時固定(著作権法44条)
  • 電子計算機における著作物の利用に伴う複製(著作権法47条の8)
この中でも重要なのは、私的利用のための複製と引用です。
私的利用のための複製とは、個人的にまたは家庭内で使用する目的で複製する場合をいいます。この場合、許可なく他人の著作物をコピーすることができます。たとえば、テレビ番組を後で見るために録画したり、本の内容を後で見返すためにメモ書きをしたりすることなどがこれにあたります。
引用とは、公表された著作物を、自分の著作物の中に取り入れて利用する場合をいいます。著作権法32条の要件を満たせば、たとえ許可なく他人の著作物を利用していたとしても、著作権法に違反しないこととなります。
引用については以下の記事もご参照ください。

著作権法の「引用」とは?弁護士が引用の正しい書き方を教えます