私的使用のための複製とは?著作権侵害にならないための賢いコピーの方法を教えます

1 コピーと著作権侵害

他人の著作物をその者の許可なくコピーすることは、原則として、著作権のうちの複製権を侵害する行為として著作権法違反となります。しかしながら、著作権法に定める例外規定に該当すれば、著作権侵害は生じません。私的使用もその例外規定のひとつです。条文を確認しましょう。

著作権法第三十条 著作権目的となつている著作物(以下このにおいて単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる
一 公衆使用供することを目的として設置されている自動複製機器(複製機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
二 技術的保護手段回避技術的保護手段に用いられている信号除去又は改変記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第百二十の二第一及び第二において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合
三 著作権を侵害する自動公衆送信外で行われる自動公衆送信であつて、国内で行われたとしたならば著作権侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式録音又は録画を、その事実を知りながら行う場合
30条の要件を満たす場合には、その著作物の利用は私的使用として適法となります。それでは、私的使用の要件をもう少し詳しく見ていきましょう。
kubota
ちなみに、私的使用が適法とされるのは、私的な範囲でおこなわれる複製は全体的にみても微々たるものなので、権利者に与える影響が少ない上、私的な範囲でおこなわれる複製を咎めても個々の複製による損害は小さく、訴訟をしても費用倒れになるし、ライセンス料としても低額になってしまうので、私的使用を問題とする意義が乏しいといった理由が挙げられます。

2 私的使用の要件

(1)要件の全体像

私的使用の要件は、以下の2つです。
  1. 私的使用
  2. 1号から3号に該当しないこと

(2)私的使用の要件について

①私的使用については、条文に記載されている通り、個人的にまた家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用したといえる必要があります。こうした私的使用にとどまるのは、たとえば次のような行為です。
  • 講義を筆記する
  • 講演内容についてメモをとる
  • ラジオからの音楽を家庭内で録音する
  • テレビ番組を録画する
逆に、私的使用にとどまらないのは、たとえば次のような行為です。
  • 会社での会議のために参加者全員にコピーを配る
  • 学生が勉強会参加者に配布するためにコピーをとる
  • サークルメンバーにコピーを配る
このように、私的使用については、自分自身で使うとか、自分の家族で使わせるとかの私的領域での使用目的に限定されます。なお、自分で使うためにコピーしたものを他人に売るなどの目的外使用についても複製権侵害となります。
もともと、私的使用は閉鎖的な範囲の零細な利用だけを認めるという趣旨ですので、私的使用として許容される範囲はかなり狭くなっているのです。

(3)各号該当性について

1号は自動複製機を用いたコピーは私的使用にあたらないことを定めています。今となってはだいぶ昔の機械となりますが、音楽やビデオの高速ダビング機などがこれにあたります。これらの機械を公衆使用供することを目的として設置している場合に1号に該当することとなります。たとえば、業者が客に使用させる目的で店内にこれらの機械を設置したり、公民館や市民センターで住民に使用させるためにこれらの機械を設置している場合などが「公衆の使用に供することを目的として設置」にあたります。
2号は技術的保護手段回避により可能となったコピーは私的使用にあたらないことを定めています。つまり、コピーができないようにコピープロテクトなどを設定しているような場合に、それを破ってコピーする行為がこれにあたります。
3号は著作権侵害を知りつつダウンロードすることが私的使用にあたらないことを定めています。著作権違反の違法サイトから音楽や動画などのコンテンツをダウンロードするような場合がこれにあたります。

3 おわりに

ここまで述べてきたことを要約して示すと、以下の通りです。
  • コピーをする場合は自分や自分の家族が使用するものに限りましょう。
  • コピーをするときは自分でとりましょう。
  • コピープロテクトなどのコピーを防ぐ設定がある場合には、それをコピーするのはやめましょう。
  • 違法サイトからのコピーはやめましょう。
きちんと守って賢くコピーをしましょうね。