Q&A 別居後、夫が生活費を渡してくれなくなった…。過去の分もあわせて生活費を請求できますか?

過去の分もあわせて生活費を請求できますか?
婚姻費用として請求が可能となる場合があります。
結婚をすると、基本的には同居し、共同生活を営むことになりますが、そうした共同生活を営むための費用を婚姻費用と呼びます。婚姻費用については、夫婦で分担することとされています。次の条文をみてください。
民法第752条 夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。
この条文を根拠として、上記の婚姻費用分担義務が発生するといわれております。婚姻費用の金額は、夫婦の資産、収入および社会的地位などに応じて、婚姻生活や社会生活を維持するために必要な費用となります。より具体的には、衣食住の費用、医療費、娯楽費、交際費、老後や将来のための準備、子の養育費や教育費などが含まれます。
婚姻費用の具体的な金額は、原則としては話し合いにより決めることになります。話し合いで決まらない場合には、婚姻費用の分担を請求する際に、いわゆる算定表などを考慮して決められることになります。
妻が夫に対して婚姻費用の分担を請求できるのは、未払いの婚姻費用がある場合です。別居の原因が妻側にあったとしても請求可能です。もっとも、気を付けていただきたいのは、実際上、婚姻費用分担の調停を申し立てて婚姻費用を請求した場合、基本的には調停の申立時から支払義務が生じるとされることが多いことです。これを避けるためには、婚姻費用の未払いが生じた時点で、夫に請求する必要があります。後に証拠として提出する必要がありますので、内容証明郵便やメールなど記録に残る形で請求をしましょう。
kubota
別居後でも離婚をしていなければ生活費を請求できますので、生活費を渡してくれなくなったという方は弁護士に相談してみましょうね。