Q&A 自己破産をすると家族に迷惑がかかりますか?

1 解説を読む

自己破産をすると家族に迷惑がかかりますか?
迷惑がかかる場合もあります。
自己破産をした場合に、家族に迷惑がかかるのは基本的には以下のケースです。
家族に保証人になってもらっている
家族に保証人になってもらっている場合に自己破産をすると、あなたの借金がなくなる代わりに、保証人となっている家族に請求がいくことになります。分割で支払っていたものも一括で請求されることになりますので、ご注意ください。
あなた名義の不動産や車がある
自己破産をする場合、家や土地などの不動産や車は、高価な財産として手放さなければならないことが多いです。そうすると、家族で同居している場合、通常であれば自宅を出ていかなければなりません。しかし、抜け道もあります。家族があなたから一括で自宅を購入することで自宅を手放す必要がなくなるのです。また、田舎でかなり古い家の場合、処分しなくてもいい財産の拡張を申し立てることで、自宅を手放さなくてもよい場合があります。
職業制限にひっかかる
貸金業者や生命保険募集人や警備員など、自己破産の申立てをすると裁判所の免責許可がおりるまでは就けない職業があります。あなたがそうした職業に就いている場合には、一度仕事を辞めなければならないことになりますので、家族に迷惑がかかる可能性があります。
家族に相談・説明せずに自己破産をする
家族に相談も説明もせずに自己破産をすることは、家族に迷惑を掛けるどころか、家族の関係にメスを入れることにもなりかねません。自己破産は一般的にはイメージがよくないため、家族がさまざまな誤解を抱えていることがあります。たとえば、年金が減るだとか、戸籍に記載されてしまうだとか、給料が差し押さえられてしまうだとかいった心配は無用です。また、家財道具を一切がっさい手放さなければならないということもなく、普通に生活をしていくだけの家財道具は手元に残ります。こうしたことを時には弁護士も交えながらキチンと説明して、ひとつずつ誤解を解消することが家族に迷惑を掛けないための第一歩といえるでしょう。
kubota
家族に迷惑を掛けることが怖い場合には、自己破産より家族への影響が少ない「任意整理」や「個人再生」といったほかの方法を検討してみるのも手です。任意整理や個人再生についての記事も閲覧してみてくださいね。