Q&A ギャンブルで背負った借金があっても自己破産できますか?

1 解説を読む

ギャンブルが原因で借金をしました。こんな私でも自己破産できますか?
自己破産できる場合があります。

ギャンブルが原因で返済できないような借金を負った場合、原則として自己破産によって借金を帳消しにすることはできません。なぜなら、賭博や投機などのギャンブルにより大きな借金を負うことは免責不許可事由とされているからです(破産法252条1項4号)。自己破産の手続きでは、手続き開始後に免責許可の決定がでてはじめて借金から解放されますので、免責不許可事由にあたって免責不許可決定がでることは借金を帳消しにできないことを意味します。

 免責 借金などの義務がなくなることです。

パチンコ・パチスロ・競馬・競艇・競輪などの誰もがギャンブルだと思うようなジャンルで借金をした場合だけでなく、株取引・FX・先物取引・仮想通貨取引などのいわゆる投機行為で借金を負う事になった場合も、免責不許可事由にあたります。そのため、これらのギャンブルによって返済できないような借金を負った場合、原則として自己破産によって借金を帳消しすることができないのです。

しかし、諦めるにはまだ早いです。免責不許可事由にあたるような場合でも、裁判所は、さまざまな事情を考慮して裁判所が免責許可をだすことができるのです(破産法252条2項)。これを裁量免責と呼んでいます。実際に、ギャンブルを原因として借金を負った場合でも、その金額や、借金に至る経緯や、ギャンブルから離れてからの生活などの事情を考慮して、免責許可決定がでたケースもあります

ギャンブルを原因として返済できないような借金を負った方でも、自己破産が可能かどうか、自己破産がダメでも他の方法で借金を減らすことはできないかなどを確かめるために、一度弁護士に相談することをオススメします。