Q&A 名誉毀損罪の告訴状の書き方を教えてください

1 解説を読む

名誉毀損罪の告訴状の書き方を教えてください
以下に告訴状のサンプル書式を示しますので参考にしてください
サンプル書式

告訴状
令和元年〇月〇日
〇〇警察署長 殿
告訴人 久保田康介 印
告訴人 住居 〒000-0000
〇〇県〇〇市〇町〇番〇号
職業 動画クリエイター
氏名 久保田康介
昭和62年6月2日生
電話 00-0000-0000
FAX  00-0000-0000
被告訴人 A山太郎
住居 〒000-0000
A県B市C町〇丁目〇番〇号
職業 会社員
氏名 A山太郎
昭和62年6月2日生
電話 00-0000-0000
FAX  00-0000-0000
第1 告訴の趣旨

被告訴人の下記所為は刑法230条(名誉毀損罪)に該当すると考えますので、被告訴人の厳重な処罰を求めるため、告訴をします。

第2 告訴事実

被告訴人は、令和元年8月8日午前10時ころ、A県B市C町〇丁目〇番〇号の同人方において、パーソナルコンピューターを使用し、インターネットを介して、同人のTwitterアカウント上に「弁護士YouTuberの久保田は司法試験でカンニングをしたから弁護士になれたんだぜ?あんな馬鹿な奴が弁護士になれるはずないじゃんwww」と虚偽の内容を記載した文章を投稿掲示して、「http://……」のURLアドレスでインターネット上に公開することによってこれを不特定多数の者に閲覧させ、もって公然と事実を摘示して告訴人の名誉を毀損したものである。

第3 告訴の事情

被告訴人は、令和元年8月7日午後9時ころ、同人のTwitterアカウントから告訴人のTwitterアカウントに対して、「相談があるのですが、お金がないので無料でお願いします」とダイレクトメールを送信した。これに対し、告訴人は、告訴人と被告訴人との間に面識はなく、無料で受けるべき理由も見当たらないことから、午前10時30分ころ、「法律相談は有料です」と返信をした。そうすると、すぐさま被告訴人は「くそが」と返信をし同日のやり取りを終えた。
その後、被告訴人は午後10時35分ころ、同人のTwitterアカウント上で、「あいつまじありえん」、「あの弁護士はまじ金の亡者だわ」などと告訴人を暗示させるようなツイートをした。

第4 立証方法

ツイート内容に関する報告書(告訴人作成)

第5 添付書類

報告書 1通


注意点

名誉毀損罪の要件にあてはまるような具体的な事実を書くようにしましょう。名誉毀損罪の要件は、①公然性、②事実摘示、③名誉毀損の3つですが、それぞれの意味がわからない方は以下の記事を参考にしてください。

名誉毀損罪とは?どんなときに成立する?弁護士が詳しく解説します