セクハラとは?どこからがセクハラ?セクハラの判断基準を弁護士が解説します

1 セクハラとは

この記事を閲覧されている方の中には、日々職場で受けている性的な言葉や行動に頭を抱えている人も多いことでしょう。あなたが受けた性的な言動はセクハラにあたるのでしょうか。それを知るためには、まずセクシャルハラスメントの定義を知る必要があります。

(1)厚生労働省による「職場におけるセクシャルハラスメント」の定義

厚生労働省によると、セクハラは以下のように定義されています。

職場におけるセクシュアルハラスメントには、職場において行われる性的な言動に対する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受けるもの(以下「対価型セクシュアルハラスメント」という。)と、当該性的な言動により労働者の就業環境が害されるもの(以下「環境型セクシュアルハラスメント」という。)がある。
なお、職場におけるセクシュアルハラスメントには、同性に対するものも含まれるものである。また、被害を受けた者(以下「被害者」という。)の性的指向又は性自認にかかわらず、当該者に対する職場におけるセクシュアルハラスメントも、本指針の対象となるものである。

出典:事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針

ポイントの1つ目は、男女雇用機会均等法11条のに従い、対価型のセクシャルハラスメント環境型のセクシャルハラスメントに分類してセクハラの概念を整理したことです。男女雇用機会均等法11条もみておきましょう。

均等法第11条1項 事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

厚生労働省による定義は、この条文の「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されること」という部分をそのまま切り抜いたような形になっていることがわかりますね。

ここでは、「(セクハラに)応じなければ給料下げるぞ」(対価型セクシャルハラスメント)などの労働条件に直結するような性的言動だけでなく、職場にわいせつなポスターを張る(環境型セクシャルハラスメント)といった性的言動も含まれるということが重要です。

ポイントの2つ目は、同性に対するものも含まれる点です。異性に対するものに限定されず、男性から男性に対する性的言動や女性から女性に対する性的言動もセクハラになりうるのです。

ポイントの3つ目は、被害者の性的指向や性自認にかかわらないとされている点です。性的指向とはどの性別の人を恋愛対象とするかという問題で、性自認とは自分の性別をどのように認識しているかという問題です。セクハラにあたるかどうかの判断は、どんな性別の人で、どんな性別の人を好きになるのかは関係がないということですね。

(2)法律上のセクハラ

では、法律上違法とされるセクハラはどういったものなのでしょうか。結論からいえば、労働者の受けている性的な行為が不法行為(民法709条)にあたるかどうかを個別的に判断するほかありません

セクハラの訴訟でよく問題となるのは、次の2つです。

①労働者側がセクハラだと主張する行為があったのかなかったのか
②その行為を違法と評価することができるのか

①は証拠の問題です。セクハラは密室でおこなわれることも多いです。そうすると、証拠を用意するのも大変になります。たとえば録音テープなどのセクハラの証拠があればよいのですが、証拠が被害者本人の言い分に限られることも少なくはありません。そうすると、言った言わないの争いになって、セクハラだと主張する行為があったのかを認定することが難しいケースも多いです。

②は、セクハラの判断基準となるものです。詳しく解説したいので新たな項目で解説することにします。

2 セクハラ行為の違法性

(1)違法性の判断基準

さきほどみた、「その行為を違法と評価することができるのか」をどのように判断すればいいのかについて、参考になる裁判例があります。

名古屋高裁金沢支部平成8年10月30日
その行為の態様、行為者である男性の職務上の地位、年齢、被害女性の年齢、婚姻歴の有無、両者のそれまでの関係、当該言動の行われた場所、その言動の反復・継続性、被害女性の対応等を総合的にみて、それが社会的見地から不相当とされる程度のものである場合には、性的自由ないし性的自己決定権等の人格権を侵害するものとして、違法となる。

つまり、いろんなことを考慮して「社会的にマズイよね」という程度に達しているものについて、違法となります

(2)セクハラの事例と慰謝料額

では、実際に社会的にマズイとされるのはどういった事案でしょうか。ここでは、実際にあった裁判例とその慰謝料の額についてまとめておきますので参考にしてください。なお、認容額の低いものから順に掲載していますので、読み進めるにつれてどんどん内容が過激になっていきます。途中で気分が悪くなったらそれ以上は読み進めるのをやめてくださいね。

裁判年月日事案裁判所の判断
大阪地裁平成10年10月30日・ベッドに横になり、ベッドの空いている部分を手で叩き、被害女性に対しそこに横になれという態度を示した。慰謝料10万円
大阪地裁平成16年9月3日・仕事中や休憩時間中に被害女性達のおしりや胸を触ったり、背後から抱きついたりした。慰謝料5万円・15万円
東京地裁平成18年6月26日・加害男性の性体験にまつわる話を聞かされた。

・加害男性が被害女性に対して、同女性に対してつきまとい行為をおこなっていたと考えている人物の名前をあげ、その者の所在や連絡先を述べることで、その者に連絡をとるかのような発言をした。

慰謝料額20万円
大阪地裁平成24年11月29日・被害女性に対し、「おれと付き合ってくれへんか」「お金の面倒も見てやるし、会社でもいいふうにしてやるから、付き合ってくれへんか」と言って交際を迫り、被害女性がこれを断ると、「ほな、あしたから会社に来るな」「俺が首やと言ったら、もうお前は首や」「社長にも電話して言うから」と言ってさらに交際を迫った。

・翌日、被害女性を内線で呼び出し、「昨日の続きやけど、頼むから付き合ってくれ」と交際を迫り、被害女性がこれを断ると、「ほなもう会社を辞めてくれ」「おれと付き合うか会社を辞めるか、2択や。どっちか選べ」と迫った。

慰謝料額30万円
大阪地裁平成7年8月29日・加害男性が被害女性を車で自宅まで送る際に、「〇〇ちゃんは処女か」「今まで彼氏おったんか」と言って、被害女性が「イヤー」と言うと、「ふーん、〇〇ちゃんは処女なんか」と言った。

・加害男性と被害女性が事務所で二人きりのときに「AVのビデオを見たことがあるか?」と言った。

・加害男性が被害女性を食事に誘った際に、「わし、〇〇ちゃんが欲しいねん」「恥ずかしいんか、ホテルに行っても暗いからわからへん」などと言い、被害女性が「嫌です」と言っても、「〇〇ちゃんに彼氏できようが、結婚しようが、わしは何も言わへんから頼むわ」「今金あんまり持ってないから明日持ってくるから」などと言った。

慰謝料50万円
東京地裁八王子支部平成8年4月15日・加害男性と被害女性が居酒屋に行った帰りに、被害女性がオートバイで乗って帰ろうとしたところ、加害男性が被害女性の正面に来てズボンのチャックを下ろして性器を出し、被害女性の手を握って性器を握らせた。慰謝料50万円
東京地裁平成9年2月28日・加害男性と被害女性が事務室で二人きりになったときに、被害女性の手やおしりに触ったり、倒れかかったふりをして抱きついた。

・被害女性の生理のことに関して、「まだあるのか、おかしいんじゃないか。女房はとっくに終わってるぞ」「若い子だったら聞けないが、量は多いのか」などと尋ねた。

慰謝料50万円
津地裁平成9年11月5日・加害男性が被害女性とのすれ違いざまに突然、被害女性のおしりなどを触った。

・被害女性に対して「いいケツしとるな」「生理と違うか」「処女か」などと言った。

・「〇ちゃんはバックがええんやろ」と言いながら、被害女性の腰から胸にかけてをなでるように触った。

・被害女性の太ももや胸などを触った。

慰謝料50万円
東京高裁平成20年9月10日・被害女性に対して「処女にみえるけど処女じゃないでしょう」「A(勤務先)にいる男の人と何人やったんだ」「何かあったんじゃない?キスされたでしょ?」「俺にはわかる、知ってる」などと言った。

・被害女性に向かってシャドウボクシングのまねごとをした。

慰謝料50万円
札幌地裁平成8年5月16日・週に3~4回の割合で、加害男性の自宅から事務所に電話をかけ、被害女性に対して「そろそろやらせろ」などと執拗に交際を迫った。

・加害男性が被害女性と2人きりになったときに、被害女性の背後から抱きつき、胸・ひざ・おしりなどを触った。

・トラックの中で性交を迫った。その後もさまざまな場所で性交を迫った。

・加害男性が被害女性に対し、仕事の一環であるように思わせて、寝室に呼び入れ、警戒していた被害女性が寝室から出ようとしたところ、その両腕をつかまえてベッドの上に押し倒そうとし、抵抗する被害女性をベッドに押し倒した。

・「お前が仕事ができないのは俺とやらないからだ」と言って性交を迫り、被害女性がこれを断ると、「拒否するのは仕事を続ける気がないということだ」と言った。

慰謝料70万円
千葉地裁平成12年1月24日・加害男性が被害女性とのすれ違いざまにおしりを軽く叩いた。

・加害男性が被害女性に対し公用車を運転するように指示し、被害女性がこれを運転中に太ももや胸を触った。

慰謝料70万円
大阪地裁平成8年4月26日判決・加害男性が被害女性に対し、「明日休みなんだけれども、あなた、来るの」と尋ね、被害女性が出社すると回答したところ、「私、明日休みなんだけれども、べっぴんさんの顔を見に来ようか」と言い、被害女性がせっかくの休みだから休むように勧めると、加害男性は「やっぱり明日出てくる」「明日、デートしてくれませんか」と迫り、対応に困った被害女性が「朝、コーヒーを飲みに行くくらいなら」と答えると、「あ、コーヒーね」「十七、八の小娘じゃないから分かるでしょう」と性的なニュアンスを匂わせた。被害女性が加害男性の会長という地位であり、今後の仕事のことを考えて、やむなく承諾すると「うれしいな、うれしいな」と言って、被害女性のふとももをさすった。慰謝料80万円
奈良地裁平成7年9月6日・加害男性が被害女性の腕を引っ張って自分の隣に座らせ、肩に手をまわし、「養女になってほしい」と言いながら胸から腰へと手を下ろして、右手を引っ張り被害女性を抱きしめ、頬ずりをした。

・加害男性が被害女性に対し「まだ処女なのか」「性欲が出たときはどうしているのか」と言ったが被害女性がただ黙っていたところ、「君が以前酒に酔って吐いたことがあったが、僕はその吐いた後の唇にもキスができるくらい君のことを大事に思っている」と言った。

慰謝料100万円
神戸地裁平成9年7月29日・加害男性が被害女性の乳房をわしづかみし、乳首を吸ったり、胸をもんだりした。

・加害男性が被害女性に対し、「触らせてくれたんやから、わしのもちょっと握ってくれへんか」と言って、被害女性がこれを断ると「ちょっと目つむってくれたらええから。自分でやるから」と言いながら、被害女性に手を伸ばした。

慰謝料80万円
京都地裁平成18年4月27日・職場の食事会の際に、加害男性が被害女性の股や太ももを撫でまわしながら、「単身赴任は寂しいものよ」「家で待っている愛人が欲しい」などと言った。

・2次会の席で、加害男性が被害女性に対して、キスをしたり、キスを強要したり、抱きついたりした。また、「俺とつき合え」「今日は泊っていけ」「やらせろ」などと言った。

・加害男性が被害女性に対して、「僕を誹謗中傷しているらしいな。君の悪い鵜沢がぽっぽっぽっと出てるぞ。ここにいられなくなるぞ」などと言った。

慰謝料100万円
東京地裁平成8年12月25日・被害女性が入院し、加害男性が一人で見舞いに訪れた際に、被害女性の顔を両手で押さえてキスをし、パジャマの内側に左手を入れて乳房を触り、下半身のほうにも手を入れ性器を触ろうとした。

・車内で、加害男性が助手席に座っている被害女性に覆いかぶさるようにして、被害女性にキスをした。被害女性がこれを払いのけたところ、「ホテルに行こう。ホテルに行っても何もしない。ただ一緒に横になってくれるだけでいいから」と言ってホテルに誘った。

慰謝料150万円
仙台高裁秋田支部平成10年12月10日・出張先のホテルで、加害男性が被害女性の二の腕を強い力でつかみ、被害女性をベッドに押し倒し、その胸を触ったり、加害男性の下腹部を被害女性の下腹部に押し当てた。慰謝料150万円
福岡高裁平成12年1月28日・加害男性が被害女性に対し「お前の家で飯を食わせてくれ」と言い、被害女性が上司からの頼みであることから仕方なくこれに応じたところ、加害男性が被害女性の寝室に行って、被害女性を呼び寄せ、被害女性を押し倒して下着をはぎ取り性交しようとしたが、被害女性が「痛い」と言って抵抗をしたため止めた。慰謝料150万円
東京地裁平成15年6月6日・タクシーの車内で、加害男性が被害女性に対しのしかかるように覆いかぶさり、被害女性に2~3分ほど執拗にキスをした。その際、加害男性は被害女性に対し「エッチしよう」と言った。慰謝料150万円
東京地裁平成9年12月24日・加害男性が被害女性に抱きついて強引にキスをしようとし、被害女性が口を堅く閉ざしていると、唇や頬を舐め回した。

・加害男性は事務所から退室しようとした被害女性の前にひざまずいてその足に抱きつき、「一目見たときからあんたが好きだった」「ずっといてくれ」「世界旅行に連れて行ってやるから」「糖尿病だから立たん」「一年で病気を治すから、そしたら寝てくれ」「わしを好きだと言ってくれ」などと言って、被害女性のスカートの下から手を入れようとした。

慰謝料160万円
広島地裁平成15年1月16日・加害男性が被害女性に対し「〇〇ちゃんの若いおっぱいなめたいなー」などと言って、加害女性の胸を触った。

・加害男性が被害女性に対し屋上に来るように言い、被害女性が屋上に向かったところ、屋上にある倉庫内で、被害女性の胸や陰部を触ったり、なめたり、立った状態で性交をした。

慰謝料200万円
東京高裁平成9年11月20日・加害男性が被害女性に対し、「〇〇さんを一度抱きしめたかった。〇〇さんはかわいいから」などと言いながら、被害女性の首筋に唇を押し付けた。その後、ブラウスの上から胸を触ったり、無理やりキスをしたり、体を密着させたまま腰を上下に動かしたり、ズボンの上から下腹部を触った。慰謝料250万円
千葉地裁平成10年3月26日・加害男性が被害女性と事務所で二人きりになった際、パソコンを操作して被害女性に男女の裸の姿を画面に出して見せた。

・加害男性が被害女性に対し「愛おしくてたまらない。生活の面倒をみてあげたい。学生以来のときめきで夜も眠れない」などと言い、被害女性の肩や胸を触ったり、スカートの中に手を入れたり、キスをしようとした。

・加害男性が被害女性に対し「具合が悪そうだから、少し休んで帰ったほうがいい」と言って、被害女性の手を引っ張って車から降ろし、担ぐようにしてモーテル内の部屋に連れ込み、「やめて下さい」と拒絶する被害女性を押さえ付け、身動きできない状態にして姦淫した。

慰謝料300万円
水戸地裁平成16年3月31日・被害女性達は、2~5年にかけて複数回にわたり強制性交ないし強制わいせつ行為をされた。慰謝料500万円

これらの裁判例を分析すると、これまでにセクハラの違法性が認められたものは、おおよそ、次の3パターンのどれかにあたることが多いです。

①性的な発言を繰り返した
②性的な部分を触った
③強制わいせつや強制性交にあたるようなことをした

また、被害者が拒絶の意思を明らかにしていない場合でも、加害者がその地位を利用した行為が違法なセクハラであると認定されているケースはそれなりにあります。

セクハラの慰謝料の相場についてもう少し分析的に知りたい方は以下の記事をご参照ください。

Q&A セクハラの慰謝料の相場はどれくらいですか?

3 これってセクハラ?と思ったら

ここまで記事をご覧いただいた方は、もしかすると自分のケースと似たケースを見つけたかもしれません。そんな方は、是非、一度弁護士にご相談ください。また、この記事ですべてのセクハラ事例を紹介したというわけではないので、似たケースがなくてもセクハラにあたることはあります。自分の受けた理不尽な行為がセクハラにあたるのかどうかでお悩みの方も是非、一度、弁護士にご相談ください