久保田メソッド基礎講座【累計200人以上が受講】

1 久保田メソッドで合格を勝ち取ろう!

久保田メソッドは予備試験・司法試験の合格に必要な能力を効率よく習得するために考案した学習手法です。予備試験・司法試験の合格を勝ち取るにあたって、最も大きな壁となるのが論文式試験です。そのため、論文式試験の突破に必要な能力を習得することこそが、予備試験・司法試験の合格に繋がります。

では、論文式試験の突破に必要となる能力とは何でしょうか。論文式試験の特性から紐解いていきましょう。まず第一に、法律の試験であることから、法律の知識が必要であることは明らかです。第二に、事例問題が出題されるため、問題分析能力が問われます。第三に、所定の答案用紙に論述する形式で解答するため、答案作成能力が問われます。第四に、厳しい時間制限を課せられることから、時間管理能力が試されます。このように、試験の特性から論理的に導かれる帰結として以上の4つの能力が必要となります。

久保田メソッドでは、次の5段階のステップを踏むことで、論文式試験の合格に必要な上記4つの能力を無理なく身に着けることができます。

  1. 基礎講座 合格に必要な基礎知識を厳選してレクチャーします。
  2. 基礎固め 答案を書くために理解・暗記が必要な事柄をまとめて教示することで、合格に必要な知識を効率的に身に着けます。
  3. 論文講座 判例百選掲載判例を論文問題として解答し、答案の形で示すことで、論文式試験に必要な問題分析能力と答案作成能力を培います。
  4. 小問ごとの過去問答練 小分けにして過去問に取り組むことで、本試験レベルの問題分析能力と答案作成能力を身に着けます。
  5. 本番形式の過去問答練 本番形式で過去問に取り組むことで、時間管理能力や受験テクニックを含めた全ての能力を身に着けます。

つまり、久保田メソッドの各講座を履修することで、まるで階段をのぼっていくような自然な形で上記4つの能力を身に着けることができるのです。

現在販売しているのは①基礎講座と③論文講座です。この記事では、基礎講座の説明をします。

2 久保田メソッド基礎講座の理念

久保田メソッド基礎講座は以下の3つのこだわりを持って作りました。

  • リーズナブル
  • 高クオリティ
  • コンパクト

「多くの受験生が試験に合格できるようにするためには、基礎講座はどうあるべきか」
この問いに対して自問自答を繰り返し、上記の3つのこだわりに辿りつきました。つまり、基礎講座がリーズナブルな価格に抑えられていることは、予備試験・司法試験への挑戦のハードルを下げる役割を持ちますので、結果的に多数の受験生を合格に近づけます。また、高クオリティであることは、受講者の理解を促進し、初学者からの脱却を早めます。さらに、コンパクトであることでインプットからアウトプットへの移行のスピードを速めることができ、合格レベルの実力を身に着けるまでの時間を短縮します。

試験勉強は時間との戦いです。インプットを最小限にとどめて、早急にアウトプットに移行し、多くの事例問題にあたることが合格への近道です。その一助になれればと考えて、久保田メソッド基礎講座は上記の3つのこだわりを貫き通します。

お申し込みはこちらから

3 久保田メソッド基礎講座の内容

久保田メソッド基礎講座は、基本書を用いて約150時間で予備試験・司法試験の合格に必要な知識を学ぶ講座です。予備試験・司法試験の合格を目指す初学者の方が最初に受講すべき講座となっています。この講座を受講することで、法律の全体像と各制度の定義・趣旨・要件・効果などの合格に必要な知識を効率よく習得することができます。

講義は定評のある基本書を用いて進めていきます。基本書の中にも試験において重要な部分とそうでない部分があるので、メリハリをつけて講義を行っています。特に、重要な部分やわかりにくい部分については時間を割いて説明をすることでしっかりと理解を深めることができるようにしています。

WEB講義なので、聞き逃した箇所を再度聴きなおしたり、2倍速で受講をするなど、受講者のニーズに合わせた受講の仕方が可能となっています。また、インターネットに接続したスマホがあれば受講できるので、自宅、自習室、電車の中、カフェなど場所を問わずに受講が可能です。

 

お申し込みはこちらから

4 久保田メソッド基礎講座の特長

≪その1≫ 圧倒的な低価格!

予備校の基礎講座の相場は30万円~80万円(※独自調べ)です。これは、一般的な会社員の数か月分の給料額と同等ですから、非常に高額といえるでしょう。基礎講座が高額である主な理由として、予備校は多くのお金を広告費や人件費に割かなければならないことが挙げられます。要は、広告費や人件費を基礎講座の価格に上乗せしているということなのです。

久保田メソッド基礎講座は、広告費をかけていませんし、自分一人で作り上げたものなので、広告費や人件費を基礎講座の価格に上乗せしていません。だからこその圧倒的な低価格を実現することができました。予備試験セットは7万8100円司法試験セットは7万4800円です。当然ながら、「安かろう悪かろう」では話になりませんので、自信を持って提供できるクオリティに仕上げています。

私は学生時代になけなしのお金を予備校の基礎講座につぎ込みましたので、基礎講座が「高すぎる」という気持ちは痛いほどわかります。その気持ちに少しでも応えたいと思ったので、自らの利益を削ってこの価格を実現しました。

≪その2≫ 爆速で初学者を卒業!

通常、予備試験や司法試験の基礎講座は300時間を超えるボリュームのものが多いです。基礎講座が長時間化するのは、予備校が通学の受講者をメインターゲットとしているからです。つまり、通学の受講者向けに行った講義を録画しておいて、WEBでも提供するという形式をとっているため、WEBに最適化した講義になっていないのです。しかし、残念ながら、多くの時間を基礎講座に費やしたとしても合格に不可欠な「答案を作成する能力」は身につきません。すなわち、基礎講座を何時間聴いても論文をかけるようにはならないのです。

そこで、久保田メソッド基礎講座では、WEBに最適化し、基礎講座段階で習得する知識を厳選することで、基礎講座のボリュームを通常の基礎講座の半分程度(150時間程度)に抑えることに成功しました。これにより本来基礎講座にあてていた時間を答案作成能力を身に着けるための時間にあてることができます。もちろん、基礎講座段階で学習すべきポイントはしっかりと押さえていますし、重要な部分は丁寧に解説をしています。

≪その3≫ 安心のアップデート保障!

予備校の基礎講座は「20××年度版」という形で毎年刷新されるので、講座を購入しても1年以内に新しい基礎講座が販売されます。せっかく講座を購入してもすぐに新しい講座が販売されてしまうと損をした気分になるだけでなく、古い基礎講座では法改正に対応していなかったり最新の試験の傾向を反映していなかったりします。

久保田メソッド基礎講座ではアップデート保障をつけております。すなわち、基本書の改訂や法改正などを理由にアップデートを実施する際には、既に購入していただいている方も最新の講義を受講できるようにしています。最近では、リーガルクエスト会社法が第4版から第5版に改訂されたため、会社法の基礎講座をアップデートしましたが、アップデート以前にご購入いただいた方にもアップデート後の講義を受講していただいております。

 

5 使用教材

久保田メソッド基礎講座で使用する教材は「定評のある基本書」です。定評のある基本書には、わかりやすい説明、適切な分量、偏りの少ない記述、きめ細やかなアドバイスなど、試験の合格に必要な教材としての要素が多数含まれております。

具体的な使用教材は以下の通りです。

  • 憲法 憲法学読本 第3版 安西ほか 有斐閣
  • 行政法 基本行政法 第3版 中原茂樹 日本評論社
  • 民法 民法(全) 第2版 潮見佳男 有斐閣
  • 会社法 リーガルクエスト会社法 第5版 伊藤ほか 有斐閣
  • 商法総則・商行為法 リーガルマインド商法総則・商行為法 第3版 弥永真生 有斐閣
  • 手形・小切手法 基本講義手形小切手法 第2版 早川徹 新世社
  • 民訴法 民事訴訟法 第3版 長谷部由起子 岩波書店
  • 刑法 刑法 第3版 山口厚 有斐閣
  • 刑訴法 刑事訴訟法 第6版 有斐閣アルマ 長沼ほか
  • 法律実務基礎(民事) 民事裁判実務の基礎 刑事裁判実務の基礎 渡辺ほか 有斐閣
  • 法律実務基礎(刑事) 民事裁判実務の基礎 刑事裁判実務の基礎 渡辺ほか 有斐閣

 

6 よくある質問

講座のサンプルはありますか?
倍速再生できますか?
できます。
科目別に購入できますか?
購入できます。「お申し込みはこちらから」をクリックの上、ご確認ください。