久保田メソッド基礎講座【たった10日で100人が受講】

1 久保田メソッドで合格を勝ち取ろう!

久保田メソッドは予備試験・司法試験の合格に必要な能力を効率よく習得するために考案した学習手法です。

久保田メソッドでは、次の5段階のステップを踏むことで、無理なく合格に必要な能力を身に着けることができます。

  1. 基礎講座
  2. 基礎固め
  3. 百選ツブシ
  4. 小問ごとの過去問答練
  5. 本番形式での過去問答練

①では、合格に必要な基礎知識を厳選してレクチャーします。
②では、答案を書くために理解・暗記が必要な事柄をまとめて教示することで、合格に必要な知識を効率的に身に着けます。
③では、判例百選掲載判例を論文問題として解答し、答案の形で示すことで、基本的な問題分析能力と答案作成能力を養います。
④では、小分けにして過去問に取り組むことで、本試験レベルの実力を身に着けます。
⑤では、本番形式で過去問に取り組むことで、時間配分や受験テクニックを身に着けます。

2 久保田メソッド基礎講座の特長

≪特徴その1≫ リーズナブルでコンパクトな基礎講座

久保田メソッドでは、「速やかにアウトプットに移行する」ことを目標として、コンパクトな基礎講座をご用意しております。

通常、予備試験や司法試験の基礎講座は300時間を超えるボリュームのものが多いです。しかし、そのような多くの時間を基礎講座に費やしたとしても、合格に不可欠な「答案を作成する能力」は身につきません。

そこで、久保田メソッド基礎講座では、基礎講座段階で習得する知識を厳選することで、基礎講座のボリュームを通常の基礎講座の半分程度(150時間程度)とし、答案作成能力を身に着けるための時間を確保できるようにしました。もちろん、基礎講座段階で学習すべきポイントはしっかりと押さえています。

試験勉強は時間との戦いです。インプットを最小限にとどめて、早急にアウトプットに移行し、多くの事例問題にあたることが合格への近道です。あなたも久保田メソッド基礎講座で合格への近道を一緒に歩みましょう!

≪特徴その2≫ 出題範囲を漏れなくカバー

他の予備校では基礎講座に商法総則商行為法や手形小切手法を含まないことが多いです。しかし、久保田メソッド基礎講座では、出題範囲を漏れなくカバーすることが合格に繋がりやすいとの考えの下で、商法総則商行為法や手形小切手法まで基礎講座でカバーしております。予備試験パックには法律実務基礎(民事・刑事)の講義も含まれております。

最速で合格レベルに達するためには、基礎学習段階でのつまづきを防止することが何よりも大切です。こうしたつまづきを防止すべく、全力でサポート致します。

 

3 使用教材

久保田メソッド基礎講座で使用する教材は「定評のある基本書」です。定評のある基本書は、わかりやすい説明、適切な分量、偏りの少ない記述、きめ細やかなアドバイスなど、試験の合格に必要な教材としての要素が多数含まれております。

使用教材は以下の通りです。

  • 憲法 憲法学読本 第3版 安西ほか 有斐閣
  • 行政法 基本行政法 第3版 中原茂樹 日本評論社
  • 民法 民法(全) 第2版 潮見佳男 有斐閣
  • 会社法 リーガルクエスト会社法 第5版 伊藤ほか 有斐閣
  • 商法総則・商行為法 リーガルマインド商法総則・商行為法 第3版 弥永真生 有斐閣
  • 手形・小切手法 基本講義手形小切手法 第2版 早川徹 新世社
  • 民訴法 民事訴訟法 第3版 長谷部由起子 岩波書店
  • 刑法 刑法 第3版 山口厚 有斐閣
  • 刑訴法 刑事訴訟法 第6版 有斐閣アルマ 長沼ほか
  • 法律実務基礎(民事) 民事裁判実務の基礎 刑事裁判実務の基礎 渡辺ほか 有斐閣
  • 法律実務基礎(刑事) 民事裁判実務の基礎 刑事裁判実務の基礎 渡辺ほか 有斐閣

 

4 配信スケジュール

久保田メソッド基礎講座は、現在すべて配信中です。「購入したのに配信されない…」ということがないので安心してお買い求めいただけます。

 

5 よくある質問

基礎講座の対象はどの範囲ですか?
基礎講座の対象となるのは、久保田メソッド提供予定講座のうちの基礎講座の部分のみです。つまり、①基礎講座、②基礎固め、③百選ツブシ、④小問ごとの過去問答練、⑤本番形式での過去問答練のうちの①の部分のみです。詳しくは「お申し込みはこちらから」をクリックの上、講座ページをご確認ください。
講座に使用教材がついてきますか?
使用教材についてはご自身でご購入いただく必要があります。
倍速再生できますか?
できます。
科目別に購入できますか?
購入できます。「お申し込みはこちらから」をクリックの上、ご確認ください。